OUR HISTORY | カナダグース (CANADAGOOSE)日本公式サイト

Our History

約60年前にカナダ・トロントの小さな倉庫で誕生したカナダグース。
今や世界をリードする高級服飾メーカーに成長しました。

Our Story

1950s

起業への強い情熱を胸にカナダに移住したサム・ティックにより、1957年、ウールのベスト、レインコート、スノーモービルウェアを専門とするMetro Sportswear Ltd.がトロントに設立しました。

1970s

サム・ティックの義理の息子デーヴィット・リース入社。大容量にも対応可能なダウン充填機を発明したことでMetro Sportswearの新時代を築き、のちにカナダグースとなるブランド「スノーグース」を設立しました。

1980s

極寒地で活動する人々からのデータを元に、南極のマクマード基地に滞在する研究者特有のニーズに応えたエクスペディション パーカーを開発。定番の1着となり「ビッグ・レッド」のニックネームで親しまれるようになりました。

1982

1982年、Metro Sportswearによるデザイン・製造の特注パーカーを着たローリー・スクレスレットが、カナダ人初のエベレスト登頂を達成。歴史を塗り替えます。このときのパーカーは「ビッグマウンテン」の愛称で親しまれ、2011年に「スクレスレット・パーカー」として発売されました。

1990s

1997年、デーヴィット・リースの息子でありサム・ティックの孫のダニー・リースが入社。2001年、カナダグースの社長兼CEOに就任。会社を大きく成長させ、「メイド・イン・カナダ」にこだわることを宣言します。

2000s

カナダグースは北極探検を支援し、犬ぞりレースのマッシャーのランス・マッケイとパートナー契約を締結しました。マッケイはアイディタロッドとユーコン クエストの犬ぞりレースでそれぞれ4回優勝し、歴史的な世界記録を打ち立てました。

2004

世界中の寒冷地の映画撮影時の公式/非公式ジャケットとして長年採用されてきたカナダグース。この年、『デイ・アフター・トゥモロー』(原題:The Day After Tomorrow)と『ナショナル・トレジャー』(原題:National Treasure)の2本の大作映画ではスクリーンにも登場しました。

2007

世界のホッキョクグマの3分の2がカナダに生息していることから、ポーラーベア インターナショナル(PBI)と協力し、PBIコレクションを発売しました。その売上をPBIに寄付し、ホッキョクグマの生息地を守る活動を支援しています。

2007

創立50周年を記念し、書籍『Goose People』(グースピープル)を初出版しました。カナダグースの価値と提案するライフスタイルを体現し、壮大な冒険で人々をインスパイアする世界の50人を紹介しています。

2009

グースピープルの1人であるレイ・ザハブが、スキーを使わない単独歩行での南極点到達でギネス世界記録に認定されました。このとき打ち立てた、33日23時間55分は史上最速記録となります。

2009

2つのカナダグース社のリソース センターをカナダ北極圏に開設しました。家族やコミュニティーの仲間のために裁縫するイヌイット族に、生地、ボタン、ジッパーなどの素材を無償提供しています。

2010s

製品需要が増えたためカナダ・マニトバ州ウィニペグに製造工場を増設しました。「メイド・イン・カナダ」へのこだわりをさらに強めます。

2011

さらに革新を続け、様々な気象条件や激しい運動に適した軽量製品を新たに発表しました。そのうちのハイブリッジ® ライトジャケットは、アウトドア専門誌「Outside」による栄えある「ギア・オブ・ザ・イヤー」で「ベスト・バックカントリー・ジャケット部門」を受賞しました。

2014

トロントにグローバル本社を正式にオープン。製造能力を大幅に高め、カナダのアパレル産業における労働市場の6%を雇用していると、連邦政府から認定を受けています。

2015

映画産業との長年にわたる連携を記念し、カナダ人のオスカー受賞監督ポール・ハギスと共にショートフィルム『Out There』(アウト ゼアー)を製作。過去60年間にグースピープルが経験した驚くべき真実の物語が綴られています。

2016

カナダグース初の旗艦店(フラッグシップ・ショップ)をトロントとニューヨークにオープン。北極を原点とするカナダグースの歴史、そしてモダンで革新的なアイデアが融合したこの2店舗は限定アイテムや豊富なカラー・スタイルを取りそろえ、世界のショップでも最多の品数を誇ります。