偽造商品について | カナダグース (CANADAGOOSE) 日本公式サイト

本物と偽物を見分けるには?

世界の一流ブランドの多くがそうであるように、カナダグースの名が広まったことで偽造品が出回るようになりました。残念なことに、購入したサイトが正規であるかというお問い合わせをいただくことや、図らずも偽のパーカーをネットで購入してしまったというお話を耳にすることは少なくありません。自分自身と家族や友人を偽造品から守るには、カナダグース公認の小売店から本物のカナダグース製品をご購入ください。

偽造品にひそむ危険性

偽造品は、違法であるだけでなく危険でもあります。

偽造されたジャケットの中綿を分析した結果、カナダグースが使用する衛生処理を施したカナダ産ダウンの代わりに、多くの場合、「フェザーマルチ」と呼ばれる素材などが使用されていることがわかりました。このような素材は細菌やカビなどに覆われていることがあり、何も知らない消費者の健康を著しく害する恐れがあります。また、襟には機能的なコヨーテのファーの代わりに、アライグマや犬、その他不明な動物のファーが使用されていることもあります。

さらに恐ろしいことに、極寒地ではカナダグースのパーカーが本物かどうかが、生死を分けることがあります。本物のダウンとファーで身を守らなければ、ほぼ確実に凍結・凍傷を引き起こしてしまうからです。

偽造品は健康を害するだけでなく、お財布にも決して優しくありません。不正サイトが偽造品を配送したあとに返品に応じてくれることはほとんどありません。また、安全な支払方法を使用しないと、クレジットカード情報や個人情報が漏えいする危険性があります。

偽造ビジネス

世界各国の出入国時の税関や警察による差し押さえから、不正サイトや違法ネットオークションの取り締まりまで、私たちは毎日のように偽造業者と戦っています。しかし、アジアの工場で違法に製造された偽造ジャケットが、多くの不正サイトや上海、北京、バンコクなどのフリーマーケットで売られているのが現状です。偽造は違法行為です。多くの場合、偽造品の収益は組織犯罪や偽造工場の資金源となっています。こうした地域は労働基準法による規制が緩く、児童就労が横行しています。

真似はできても同じものは作れません:
本物と偽物の見分け方

真似はできても同じものは
作れません:
本物と偽物の見分け方

アークティック ディスク

偽造品の場合、よく見るとアークティック ディスク(ロゴのワッペン)の刺しゅうが粗い、縫い目の色が異なる、カエデの葉の形が異なるなどの違いがあります。「Canada」や「Arctic」の文字が間違っていることもあります。

ファー

本物のカナダグースのファーは、見るからに厚みがあり高級感があります。機能性が高く、最高の保温性で顔を凍傷から守ります。一方、偽造品のファーは毛が不揃いで整っておらず、汚れていることもあります。また、コヨーテのファーは、アライグマなどの一般的に代用されるファーと比べてはるかに柔らかいのが特徴です。フードの縫製の質も確認してください。

ホログラム

2011年コレクションより、カナダグースのすべてのジャケットと小物に、本物であることを証明するホログラムを取り付けています。カナダグース専用に作られたこのホログラムは、角度を変えると写真や文字が浮かび上がります。